サンプルご請求の際のお願い

サンプルご請求の際には以下の点をお伝えくだされば、良いアドバイスがでるかと思います。

1.内容物と充填時の内容物の温度
2.内容量
3.販売方法
4.希望形状(丸・四角など)
5.できれば希望価格

1.内容物の説明
プラスチック素材によっては油脂に弱い材質もあります。
例えばポリスチレンに油脂成分の多い食品を入れると、ポリスチレンが割れたり、曇ったり、ひびが入ったりします。
滅菌もかねて80℃近辺の温度で充填を考えてらっしゃる場合は耐熱温度の高いポリプロピレン系をお勧めしています。
またキムチなどの発酵食品の場合、発酵ガスで内圧が高くなり容器が破裂する可能性が出てきますので、輸送経路や展示時の温度管理が難しい場合は、ガス抜き機構の付いた容器を検討ください。

2.内容量
容量はお客様のイメージしている数値と実際の量が違っているということが良くあります。
品物の販売を考えられる際に、市場調査もかねてお近くのスーパーマーケットなどで容量と容器と価格を調べられることをお勧めいたします。

3.販売方法
店頭販売であれば、店先からお客様の食卓までの封止ということで、安価なシート成形品でも充分な場合もあります。
しかしスーパー売りや宅配発送の場合は、それなりに機密性に優れた剛性のある容器であるほうが良いです。
特に発送物の場合は昨今の食の安全性の観点から、改ざん防止機能付きのロック式容器をお勧めいたします。

4.希望形状
ご希望の形状・色・形式をご連絡ください。
箱詰めの都合や展示の都合、商品のイメージ等、色々条件はあるとは思います。

5.希望価格
弊社の価格表示は1ケース売りの価格となっています。業務用容器として明示されているショッピングサイトでは最安値と自負しております。ご注文の数量によっては大幅に割引をいたします。
その際には別途お問合せくださればお見積りをいたします。

プラパックのウェブ通販サイトへ

メールでのお問合せはこちらから

容器選択のお手伝いをします。

ファクシミリでのお問合せフォームのダウンロードはこちら

adobe acrobat reader のダウンロードはこちらから